NEW CARS PROMOTIONS FINANCE USED CARS
AFTER SERVICE アフターサービス一覧 WEBカタログ PEUGEOT ONLINE SHOP
ABOUT PEUGEOT NEWS プジョーについて PSAグループ
PEUGEOT DEALER このサイトについて ディーラー一覧・検索 カタログ請求 試乗お申込み 商談予約
 

粉挽きから鋼鉄の世界へ

主な出来事

プジョーの工具類

15世紀

モンベリアールのヴァンドンクールには、プジョー家がこの時代既に存在した痕跡があります。本来プジョー家は農家でしたが、その中から職人や軍人、職工なども輩出していました。プジョー家の人々は、地方の公職にも就いていました。16世紀から17世紀にかけて、プジョー氏の名で知られていたジュアン・プジョー、その息子達、さらには孫もヴァンドンクールの町長を務めていました。

1734 - 1810

1734年生まれのジャン=ピエール・プジョーが、プジョー家を工業へと導いた最初の人です。彼は父の製粉業を継がず、織物業に転じ、独自の手段で工業化に取り組み、染物工場、搾油機、穀物製粉機を遺産として残しました。
1810年、息子であるジャン=ピエール二世とジャン=フレデリック、そしてジャピー家の義理の息子によって、Peugeot Frères Aînés et Jacques Maillard-Salins(プジョー兄弟とジャック・マイヤール・サランの会社の意)が創立されました。スー・クラテの製粉工場は、製鋼所に変わり、これによってプジョー家は工業の時代を迎えることになったのです。

プジョーの工具類

1819 - 1832

Peugeot Frères Aînés et Jacques Maillard-Salins(プジョー兄弟とジャック・マイヤール・サラン社)は、1824年にPeugeot Frères et Compagnie(プジョー兄弟の会社の意)に社名変更されました。エリモンクール工場(工員数70名)では、3台のチルトハンマーと7基の圧延機が稼動し、一日に100~150kgの鋼材を生産していました。これらの製品は、スイス、イタリア、トルコにも輸出されていました。1825年、Peugeot Frères Aînés, Calame et Jacques Maillard-Salins.(プジョー兄弟の長男カラムとジャック・マイヤール・サランの会社の意)に社名が変更されました。1832年、Peugeot Frères Aînés(プジョー長男等の会社の意)が設立されました。

1840 - 1850

プジョー家の事業は順調に発展を続け、新しい工場をポンドロワド、ヴァランティニェ、およびボーリューに設立しました。これらの工場は現在でもPSAプジョー・シトロエン社が使用しています。製品ラインナップも多様化し、帯鋸、スプリング、コルセット用ボーン、傘のフレーム、コーヒーミル、そしてもちろんあの有名なライオンマークが刻印された工具も含まれます。1850年に、初めてライオンブランド名を冠した製品が登場しました。ライオンマークは1858年に商標登録されました。

歯車機構のコーヒーミル

1851 - 1869

1851年、ジャン=ピエール二世の息子、ジュールとエミールの二人が、甥のルイ・ファロと共に、ヴァランティニェにSociété Peugeot Frères(プジョー兄弟社)を設立しました。1855年から1869年にかけて、プジョー初のクリノリン(ペチコート)、バリカン(初期は軍馬用でした)、ミシンなど事業の多様化が進みました。ミシンの生産はその後1936年まで続きました。

1869 - 1886

プジョーは、非常に先進的な福利厚生施策を導入しました。それは従業員のための貯蓄銀行、相互扶助基金、無料医療、保険、病院、学校、退職金制度などです。そして州から義務付けられる以前に、1日10時間労働と33年間の雇用制を採用しました。また、エミール・プジョーが平和文学賞を設立しました。チェーン駆動のギアシステムを特徴とするプジョー自転車の量産は、アルマン・プジョーの熱意で、1886年ボーリュー工場で開始されました。